So-net無料ブログ作成
検索選択

「猫のしっぽ、カエルの手」~京都大原ベニシアの手作り暮らし~ [テレビ]


ベニシアの京都 里山日記 ―大原で出逢った宝物たち Venetia's Kyoto Country Living

ベニシアの京都 里山日記 ―大原で出逢った宝物たち Venetia's Kyoto Country Living

  • 作者: ベニシア・スタンリー・スミス
  • 出版社/メーカー: 世界文化社
  • 発売日: 2009/10/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)





2009年の春に、久々の実家住まいになり(理由:失職)。

その年の夏に、BS-hiで、偶然見つけた、この番組。


「ネコのしっぽ、カエルの手」。

番組HP: http://www.nhk.or.jp/venetia/index.html


京都の大原にお住まいの、イギリス人女性、ベニシア・スタンリー・スミスさんの日々の暮らしの中で、ガーデニングだったり、子育てだったり、大原の人たちの触れ合いだったり。

生活に溶け込んだ様々な事柄に対して、私たち視聴者もベニシアさん同様、「発見」させられたり、「感動」したり。

ベニシアさんが作る、ハーブのレシピを見ながら、自分の生活の中に応用できないか、考えたり。


30分という枠の中ですが、その内容はとても濃く。
ゆっくりと季節の移ろいを味わいながら、英語のエッセイ、大原の景色、人々との交流、ベニシアさんのレシピ、ベニシアさんの日記(Diary)を、素敵なBGMとともに、堪能する。

派手ではないけれど、こういう人生を歩めたら、どんなに幸せなのだろうか。


生きることの「幸せ」を教えてくれる時間。

再放送も楽しいですが、私は、レギュラー放送の日曜の夜7時半(時折放送時間が変わります)からの30分。
テレビを前にして、じっくり、この番組を見ています。


そして、そんなベニシアさんの著書を、この間近所の書店で幸運にも見つけたので、即購入しました。

書物を開くと、番組同様、ベニシアさんの暖かい言葉と、必ずしも順風満帆ではなかった、日々。
様々な葛藤の中で、現在に至るまでの中で見つけた、「先人の知恵」、「人々との出会い」、「交わした言葉」。

要所要所に、素敵なめぐり合わせがあり、その言葉ひとつひとつを読むだけで、私たちの今後の生活に何らかのエッセンスになる。

そんな、素敵な本でした。


最近、私は本屋に行くことがとても楽しみになりました。

と、同時に、本屋の中で、様々な言葉が踊ります。

人の興味を惹きつけるため、あらゆる言葉で私たちに訴えかけてきます。

「幸せになりたいでしょう?」、「どうやったら幸せになれるか、教えてあげますよ」。

最近は、そんな感じの文句が、至る所で目立っている気がします。

それに、自分が「子育て」をする年代になってきたから、そう思うのか。

「どうやったら、アナタの子供を『デキのいい子』に育てるか。それをお教えします!」

というようなHow To 本も増えてきたような気がします。


それは、女子の場合は、「ダイエット」や「女子力」、「婚活」に対して、同じようなことが言え。

それだけ、今の人々は、あらゆる事柄に悩み、自分の行き先を、常に模索しているのかもしれないし、「戦場に生き抜く為の知恵」を養うために、本屋に行く。

そうして、そういった本を選ぶ。

そういうのが増えてきたような気もします。


私だって、普通の人生の機軸から逸脱した、自他共に認める「ろくでなし」として出来上がった人間になりましたが。(ある意味。念願のw。)



だからって、自分が「このままでいい」とは、ちっとも思っていません。


むしろ、応募しても応募しても、ちっとも引っかからない自分のロクデナシキャリアを、どう立て直すために、何をしたら良いのか。

私は、どういうような仕事を選び、どの様な暮らしをしていきたいのか。

有り余る時間の中、ついつい自堕落な生活に陥る中でも、どこかでそれを考え、悩み、家でだらけていても良くないので、近所の公園や裏山の遊歩道を歩きながら、考える日々です。

そんな本屋で見つけたベニシアさんのこの本は、彼女の日々の生活態度、そこにいたるまでの考え方、人々との交流は、迷いながら今を生きる私に、とても参考になります。

どうすれば、人として、きちんと生きられる人間に育つのか。

彼女のメソッドは、読む私たちに、明快に教えてくれます。

教えられたとしても、それを私がきちんと咀嚼し、飲み込んで日々の生活にいたるまでには、まだ時間がかかりそうですが、彼女の言葉は、そして、彼女が聞いた、彼女の友人達の言葉は。


どんな言語のプロ、いわゆる、作家や評論家や、ジャーナリスト、編集者、もろもろメディアに関係する人たちの作り出した「言葉」よりも、胸に響き、感動を覚え、そして、頭が下がります。


ご主人の「梶山正」さんとの愛あるエピソードも、すごく素敵です。

そして、梶山さんの写真は、景色をそのまま映し出すだけではなく、どこか人を惹きつけ、その風景を脳裏に焼き付ける印象を与える、素晴らしい写真です。

その写真が、時々番組中、そしてベニシアさんの著書の中に出てきます。

この本を開くたび、一つ一つの言葉を読むたび、写真を見るたび、きっと私たちが「知っているようで知らない」。
「分かっているようで、忘れている」。

たくさんの事柄に気づかせてくれるはず。



もっと早く、彼女に出会いたかった。

だけど、自分自身の生活の中でも、彼女のような人とめぐり合えるよう、外に出かけ、いろいろな交流を図りに行こう。

今、そう感じています。
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:テレビ

CNC。 [テレビ]

「CMC」でもなければ、「CNN」でもない。

「CNC」。

フジテレビで、月~木深夜の0:35~0:45に放送される、「チンパンニュースチャンネル」。

 

すっげえ、ハマってしまった。

いや、もともと勝手にテレビ付けてたら流れてて、うっかり観てたら、だんだんとハマってきてしまい、ここ数週間、コレのおかげで睡眠時間削られて本日に至っては、風邪引きそうになっていた(←馬鹿)。

 

うーん。久々の記事が、コレで良かったのかどうかは知らんが、最近、「書くネタ」がなさすぎて、ちょっと困っていたので、「マイブーム」を紹介しました。

 

動物愛護に関して言えば、ちょいとどーかと思いますが、とりあえず、多才な「ゴメス」さんに、ヤられちゃっております。

いや、すごいよ。「ゴメス」さん。

てか、今週のゲストの「玉木宏」へのカミツキっぷりがすごかったな。昨日はw。


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

家庭内デート。 [テレビ]

家庭内デート(DVD付)

家庭内デート(DVD付)

 
びっくりした。
発売されていたんだ!!!!
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・買っちゃおうかな。
 
ってなわけで、現在絶賛(?)放送中の、「我輩は主婦である」。
毎日、「sakusaku」と共に「DVD」にダビングしながら見ています。
 
2話くらい、ダビングし損ねたけど。
 
「夏目漱石」が乗り移ってからの「みどり」ちゃん。
本田博太郎扮する漱石の「グチ(orツッコミ)」と、高血圧なテンションで繰り広げられるドタバタホームコメディは、クドカンにしちゃあ「今ひとつ」っぽい所もあるけれど、それはそれで面白いので、毎日笑わせていただいております。
 
んで。
「家庭内デート」。
 
このアイデアは、なかなか良いと思います。
出だしの斉藤由貴の歌は(劇中のミュージカルでの歌声も素晴らしいが)、20年前を思い起こさせ、思えばいだえり兄が、小学校~中学校にかけて、「斉藤由貴」ファンであったことを思い出しました。
 
「ねえ聞いて、お母さんね、好きな人がいるの~♪」と歌ってる時の、ミッチー扮する「たかし君」のダンスは、「マンハッタン・ラブ」の時の「September」をバックに踊っていたミッチーを思い出し、毎日笑っちゃいます。
 
※視聴率的にイマイチだった「マンハッタン・ラブ」ですが、私は結構好きでした。同じく、評判芳しくない「僕の魔法使い」が一番好きなんだから、私の目線がおかしいのかもしれないけど。
 
 
でも、いいよ。私は、好きだよ。「家庭内デート」。
 
「うれし~恥ずかし~家庭内デート~当たり前~すぎて~やましい気持ち~今日も、 明日~も、毎日~デート~待ち合わせは、我・が・家
 
いいじゃないか!結婚15年目にして、こんな事が歌える夫婦って(笑)!!
殺伐とした世の中だから、こういう歌があるってのはOKだとおもうぞ!!
※個人的には、劇中歌の「モンナシーヌ」が一番好きなんだけどね。
 
ただ、気になるのは、アーティスト名は「やな家(け)」になるんだけど、パッと見、「やな家(いえ)」と読めるのが、ちょいと問題があるような・・・・・・・・。
 
今日も、家に帰ってからのお楽しみは、「我輩は主婦である」。
漱石さんのナレーションに合わせてのみどりちゃんの百面相に、思い切り笑わせていただくと同時に、ここまでハイテンションでなくても、いい感じにバカップルになれるダンナに出会いたいもんだと、またしてもしみじみしてしまう、ワタクシなのでした。
ああ。
そういや、このドラマで改めて知ったけど、ミッチーのラブシーンって、あんまり見たくないかも(特にベッドシーンみたいなもん)。
いや、なんか・・・・・・似合わないというか、「王子」の現実的な部分は見たくないっていうか・・・・・妙に生々しい感じがあんま似あってない気がしてねえ。
「みどりちゃん」には、逃げられているけど。
 
 

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

国際ケッコンって。 [テレビ]

昨日、「NHK」で放送されていた、「プライスの謎」とかいう番組で、「国際結婚」に関しての特集をやっていた。

途中から観たもんだから、全体的な感想というよりも、一部の部分の風潮について、「なんだかなー」と思ったので、書いてみる。

あくまでも、いち『視聴者』としての、ただの感想です。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:テレビ

sakusakuのDVD第2弾がもうすぐ発売! [テレビ]

saku saku Ver.2.0 ヴィンの復習

saku saku Ver.2.0 ヴィンの復習

 
 
もうすぐ発売だよ~。「ヴィンの復習」。
さっき、Amazonから、「発送通知」が来たから、明日には確実に手に入る!!!
 
って、ほとんどHDD録画してるけど(最近は週一録画)w。
 
買うかどうしようか迷うけど、やっぱり「うた」目当てで買った。
 
どーか、「札幌のうた」、「吉祥寺のうた」(ジョージon my mind)と「NYのうた」(JAZZ風)と「多摩のうた」(ORANGE RANGE風)と「西東京市のうた」(GLAY風)のどれかが入ってますよーに!!!!
 
 
あの5曲は、マジでツボだった・・・・・・。
昨日の放送では、「箱根のうた」は入ってるみたい。
「二宮のうた」とかも入るんだろうね。
でも、できることなら「神戸のうた」も入っていて欲しい・・・・・・・。
「DEPAPEPE」の2人のギターと拓ちゃんの歌入りで、とってもniceな曲だから。
 
 ヴィンちゃんになってから、GOIGOIさんの訃報とか、いろいろとあった「sakusaku」だけど、今月末で、カエラっちも卒業(3月31日が金曜日ってのも、イキな日程だよね)。
 
新しいMCについては、いろいろとあるみたいだけど、この後の人はどーなるんだろーねー。
ま、黒幕さんがいる限り見続けると思います。たぶん。

nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

「名探偵ポワロ」 [テレビ]

名探偵ポワロ 完全版 DVD-BOX 1

名探偵ポワロ 完全版 DVD-BOX 1

 
名探偵ポワロ[完全版]DVD-BOX 2

名探偵ポワロ[完全版]DVD-BOX 2

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2005/09/23
  • メディア: DVD
 
昨晩「アニマックス」で「ワンピース」の劇場版第2弾「~デッドエンドの冒険~」を観て、その後、CATVのチャンネルをいろいろと観ていたら、「TBS」のCS版で、「WANDS」のライブの最後の方を見つけて、思わず観ちゃって(何気に好きだった)、その後、「ミステリーチャンネル」で、この「名探偵ポワロ」の日本語字幕版の放送をやっていた。
 
話は、「エッジウェア卿の死」。
この話、実は何故か一つ一つの場面が、とっても印象に残ってて、好きなエピソードのひとつ。
 
ポワロのドラマは、NHKの放映時から、ずーっと好きで、この夜も何度観ても面白い展開と、出演者のファッション、小道具など、一つ一つを丹念に見ながら、たとえ端役でもその言葉遣いの丁寧さなどに気を抜かない英語(クイーンズ・イングリッシュ?)のセリフに、とってもいい気分になった。
 
あー。このDVD-BOX、マジで欲しい(苦笑)。
日本語吹き替え版の「熊倉一雄」さんの「ポワロ」の吹き替えも、とっても味があって良かったし。
 
イギリス、行きたいなあ。
 
そう言えば。
 
高校時代に、イギリス研修ということで、2週間イギリスに語学研修に行かせてもらったんだけど、そのうちの一つの村を検索しても、イマイチひっかからない。
 
イギリス南部の、「メイフィールド」という名前の小さな村(だと思う)で、そこの寄宿学校に1週間滞在したんだけど、とても良い村だった。
そこの料理が、意外と美味しかったってのもあるし、乗馬してる人を見かけたりとか、典型的なイギリスの田舎で、「ポワロ」のドラマにも出てきそうな街並みで、すっごい好きになったんだよね。
 
もう一つは、「ロチェスター」と言う街からちょっと行った、「コバム(コブハム)」という街。
ここは、なんか「ハリー・ポッター」とかの舞台にも似た洋館(古城?)を、学校に改装し直した寄宿学校に滞在して、いろいろと面白かった。
 
あ~。
もう一度、あの辺を旅してみたいなあ。
 
「ポワロ」を毎回見直すたびに、そんな郷愁のようなものに駆られる、ワタクシです。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

課外授業ようこそ!先輩~石田衣良編~ [テレビ]

先週の水曜日の深夜。

私は、本放送で、この番組を見た。

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

深いことは書けないけど、気になったテレビの特集。 [テレビ]

言っておきますが、別に小泉首相が靖国神社に参拝したからこの記事をアップするって訳ではありません。

あくまでも、この特集が気になったので、記事をアップしています。

私が読んでいて「不快」だな、と感じたら、速攻コメントは削除させていただきますのでよろしくお願いいたします。

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

気象予報士界のスター(?)☆平井さん~平井信行さん~ [テレビ]

※平井さんのサイト「空見てドットコム」。

 「台風直撃」の回で、何気なくとりあげた「平井さん」こと気象予報士「平井信行」さんのファンだと書いたら、結構反応が良いようで。

平井信行さん。

NHKフリーク(←地味だ)の皆さんなら、お分かりでしょう。

6時50分からの「気象情報」。「首都圏ニュース845」(タイトル名違うかもしれない)でおなじみ。

その、今時の人には珍しい、丁寧でやさしい口調、礼儀正しい振る舞い。

そして、分かりやすいお天気解説。

彼のファンは老若男女問わず、多いと思います。

んでもって、イケメンだし。

↑お子さんお二人の良きパパだそうです。

プロフィールをみてみると、ほう。小学校教員免許も取得されてるようで。

なるほど、だからあのように優しい物腰なんですね。

数年前、NHKの気象情報(当時は確か、朝の「おはよう日本」の担当だった)でお見かけした際、いつになく「さわやか」なその雰囲気に、母親も巻き込み、ファンになりました。

日本気象協会を退職したあと、一時期NHKの気象情報への出演がなかったのですが、やはり相当「平井さんファン」は多かったのだろう。

<ケイコとマナブnet.の「平井さんインタビュー」>

記憶が確かならば、昨年の4月辺りから復活出演を果たし、現在にいたっている。

※コメントにも書いたけど、平井さん復帰前の前任者・岩田さんも、いい人でした。プロ並のイラストで、子供向けに分かりやすく「気象」の解説を紙芝居風にしていたのが、とっても好感がもてました。

どこぞの傲慢知事一族の気象予報より、タレント志望の姉ちゃんの気象予報より、私は、NHKの気象情報が一番好きです。

中村さんとか、村山さんとか、田代さんとか、半井さんとか(最近、すっごく頑張ってる気がする)、荒嶋さんとか、関嶋さんとか、ボス的存在(←勝手な憶測)高田さんとか。

まあ、まだまだ気象情報のキャスターはいらっしゃいますが、とりあえずほとんどの方の気象情報は、安心して見られます。

・・・・・・・・・あたるかどうかは、別として。

最近、不祥事著しいNHKですが、ひとまず割り切って「気象情報」だけでもチェックしてみてください。

結構タメになりますよ。

※民放の気象予報士さんも、手を変え品を変え、さまざまな形で気象現象を解説しているところが、面白くてよく見ます。

「お天気おねえさん」も良いかもしれませんが、「お天気おにいさん」もいいもんです(「お天気おじさん」も)。

 


nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:テレビ

GOIGOIさんFOREVER~sakusakuネタ~ [テレビ]

saku saku Ver.1.0

saku saku Ver.1.0

写真一番左・GOIGOI(スタッフ・金田真人さん)さんが亡くなられたそうだ。

http://www.tvk-yokohama.com/saku2/talk.html

本当に、悲しい。

ジゴロウさんだけでなく、GOIGOIさんもいなくなっちゃうなんて・・・・・・・。

ジゴちゃんは、まだ復活する可能性が微々たるものだけど1%でも、0.5%でも、あるわけだけど、GOIGOIさんの味のある声&ボケ&ツッコミ、笑い声などが、もう2度と聞けなくなるなんて、辛い。辛すぎる。

なんか、DVD発売以降、何かと不運なことばかり(もしや、TV局恒例の、移転による呪い?)。

でも、黒幕さん・カエラちゃんを始め、スタッフの皆さんには、この辛い現実をなんとか乗り越えていってほしい。

DA・米(米子)に勢いが出て来て、これからが楽しみだったから。

謹んで、ご冥福をお祈りします。

ありがとう。GOIGOIさん。

私は、あなたのキャラが大好きでした。

イチノセさん&ケンタロウも大好きでした。

これまでの放送分はHDDに録画してあります。

その映像を、大事にとっておきます。

いつまでも、大切にします。

今度、ビナウォーク、行こうかな。

 


nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。