So-net無料ブログ作成
検索選択
ひとりごと ブログトップ
前の10件 | -

20年という月日。 [ひとりごと]

オザケンの20年ぶりにMステ出演を見た。

そりゃ、容姿が変わってたり、声が震えていたのには衝撃を受けた。

うわあ。とも思った。

ただ、彼はずっと表立って音楽活動していなかったわけで。

そんな中で、あの新曲とあのギタープレイを見てソングライティング能力や演奏能力は全く衰えてなくて。

そこに彼の強さを感じた。

これから、たぶん彼の顔つきはまたちょっと変わっていくだろう。

そして、これからも継続的に音楽活動をしていくっぽく思えるので、それはそれで楽しみな話だと思う。

彼のファンではないんだけれど。

彼の新作の音楽作品を聞ける可能性があるのは、喜ばしいと思う。


おかえりなさい。小沢健二さん。


とまあ、シレっとブログを超久々に書いてみました。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

チャリティーってさ。 [ひとりごと]

この話題については、後にちゃんと「チャリティー」の詳細書くけれど。

色々と文章化してみたものの、結論の着地点があやふやだから、いったん全部チャラにした。


だけど、チャリティーって、本当に難しいことだと思う。

自分自身が難しく捉えているだけかも知れないけど。

「自己満足」に終始する活動は、「チャリティー」じゃない。ただの「善意の押し付け」に過ぎない。

そう、思う。

人一人の心を動かし、貴重なお金を、「寄付」という形でその問題の当事者に貢献させたいと思うなら。


もっと、すべき役割をきちんと認識し、人よりも倍以上、問題について学習し行動すべきだと思う。もっと、その行動について、結果予測も踏まえて説明責任を果たすべきだと思う。


何も知らない万人全ての人が理解できるように、言動を配慮すべきだと思う。


「自己満足」だと認識されたら、もうその人から「寄付」は取れない。

「言葉」でも「映像」でも「音楽」でも、そこに何らかの「差別」が生まれてしまえば、おしまいだと思う。


今回私が行った映画の試写会におけるチャリティーの趣旨は、大いに賛同できるし、実際にはかなり満足いったんだけど・・・・・・・。

でも、微妙に「違和感」が残った。で、その「違和感」が何かと問われたなら、たぶん短い時間の中で享受できなかったのが、上記の「思い」なのだ。


ちょっと、ズレてた。で、そのズレが、私にとっては、「致命的」だったのだ。

うーーーーーーーーん。でも、その「事柄」については、将来自分の現状が変わったときに、自分なりに努力し、自分なりの「貢献」の仕方を考えていきたいと思う。

チャリティーって、まずは相手側と「同等」の立場で考えなくちゃいけないと思う。


だけど、今回のヤツは、そうじゃなかった。ちょっと「上から目線」のチャリティーでした。そこが、残念でした。

映画は、それほどでもなかったのに。


訳分からん話かもしれないけれど、いずれちゃんと書きます。ただ、そのイベントに行って帰ってきた今。
参加した感想をどうしても書きたいので、とりあえず「今」の心境を書いてみたら、こうなりました。
nice!(0)  コメント(0) 

PCが危篤。 [ひとりごと]

ノートPCの調子がたまに悪い。

いや、本当は修理が必要なんだけど、ワタクシの様な失業中のボンビー人には、とてもじゃないけど修理代が払えない。

しかし、iPodファイルは、全てあのPCの中。
DJするためのCD作成は、あのPCじゃなきゃできない。

フォトアルバムもそう。

だから、CD作るの、5時間くらいかかる。

今夜も下北でDJ。ただいま、1枚でも作れまいか、奮闘中。



きちんとお金を稼げる人になりたい。今の私の切実な願い。

でも、職業訓練で、ビジネス学校主催の「JBS日本語ワープロ検定3級」(それでも受験料5000円以上する結構な資格)に1発合格しました。

とりあえず、第一関門突破。


職場実習が始まる前に、MOS(Word,Excel)の取得と、それ以外のモロモロの勉強を頑張ってやりつつ。
それ以外にもいろいろと活動をしつつ。


頑張って、この3ヶ月ちょっとを乗り切りたいと思います。


ちなみに、今この記事は、別のデスクトップPCからアップしてます。
そういや、このブログの記事のほとんどは、このPCから記事をアップしてました。

ノートばっかり使って、ごめんね。大事にするからね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

病気して、つくづく思うこと。 [ひとりごと]

健康って、大事。

ちゃんと呼吸ができるって、すごい大事。


喘息の発作で、しばらくPCに触ることはおろか、ロクにメールも打てずに、ただひたすらベッドに安静。
時折発作でベッドの上でのたうちまわっていました。

身体を病が蝕んでいる時は、気持ちが落ち込んで、「被害妄想」や「自暴自棄」になりがちで。

特に、「たかが風邪」なのに、喘息の発作で時折窒息死しかけたり、身体がまったく動けない状態に陥ると、「なんでこんなに力が出ないのか」と思うときがある。


実際、私の状況は今年は日を追うごとに様々な事柄が悪い意味で展開していって。

日々、絶望や孤独を感じることが多いのですが。

でも、それでも回復しようとする身体だけを考えると。

「まともな手足ときちんとした呼吸」があるありがたみを感じ、様々な事柄が「0」に向かって失われていこうとも、「0」からやり直して行こうと思うようになりました。


最近惰性で見ている、朝ドラの斉藤由貴さん演じる「末長紀菜子」のセリフの中で。
「人間は、年を取ったからって、大人になれるもんじゃない。結婚したからって、夫婦になれるわけじゃない。」
というセリフに、ビビっときました。

最近、日を追うごとに「人間」というよりも「動物」と化していく自分。間違いなく、「大人」にはなれていない、自分。

色んな事を断念したりする毎日。

でも、まだ私の人生が止まっているわけじゃない。

「失ったのなら、取り戻す。もしくは、また作る。」そうして、折々色んな事をバージョンチェンジバージョンアップしていくことによって、人は成長する。

だけど、「孤独」は「人」を作らない。自分以外の「他人」との交流こそが、「自分」を成長させえ、「自分」を作り上げていくと思う。


あともうちょっと身体が回復したなら、「健康」であることを大事に、生きていければ良いなと思う。

今、断念せざるを得ないこと、切り離さなくてはいけないことも、「健康」であれば、また「復活」する糸口をつかめるように動けるはず。

病気の回復は、私自身の「可能性」を実感することでもあるのかもしれない。

病気をして、自分自身の油断を実感し、病気の回復で、自分自身の今後を、より良いものへと気持ちを新たにする。

自分自身の身体について省みる、いい機会かもしれない。

すごく苦しかったけど、それでも回復しつつあって、ホッとした。まだまだ夏は残っている。

ココロして、乗り切りたい。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

旅友達がほしい。 [ひとりごと]

夏本番。

皆様はどのように夏休みをお過ごしになられていますか?いや、これからという人は、どのように夏をすごされるのでしょうか?


ワタクシは極度の「ド」貧乏(それはそれは、去年とは比べ物にならないくらい)なので、大枚ははたけませんが、それでも「予算1万円」で、何か「旅」ができないか。

ンな事を考えております。

いや、近場で良いんですけどね。


あと。
どっか行きたい時に、大抵「一人旅」になってしまう。

そーすると、当然「割高」の予算になってしまう。そこが、多少腹が立つ。

特に、近場の海外旅行のパックツアーで、最近低価格路線が目立つので、フラっと行きたいのですが、誰を誘えるんだろう?と思うと、やっぱり「一人旅」になってしまい(一人旅は苦ではないんですけど)。


「旅上手」や「金銭管理上手」になりたいなあ、と思う。今日この頃です。

旅名人の「友達」を作って、アドバイスが欲しい。そんな最近のワタクシです。
nice!(0)  コメント(0) 

宍戸留美という女性。 [ひとりごと]


Rumi Roll

Rumi Roll






先日。
ふとしたことがきっかけで、「宍戸留美」というステキな女性に出会いました。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

放蕩モノ、ブログに帰還。 [ひとりごと]

ま、誰もワタクシの帰還など、気にも留めてないでしょうね。

ええ。ワタクシ自体、このブログの存在、忘れていたわけではありませんが、今年に入って5ヶ月放置していましたし、もはや「ブログ辞めたろか」とも思っていましたが、「20代の『負』の遺産」として、いつまでも残しておこうと思い、久々にブログの記事をアップしてみたいと思います。

mixiの日記に、日に1時間以上もかけて、クソ長い日記(しかも超自己中)を書いているので、それでただでさえ仕事場でPCの前で7時間30分作業しているのに、家に帰っても飽きずにPCで何かものを書いている。

しかし、PCというのは、想像以上に私の体力を奪う。

ゆえに、mixi日記書いて、そのうえブログ記事なんて、書けるだけの体力がない。

今は。もう。


いだえりこ。

気付けば30代になり、相も変わらず「放蕩人生」真っ只中。

一人暮らしを2月で切り上げ、薄暗い東京のとある街から、横浜の新興住宅街のとあるマンションの実家に戻ってきて、はや2ヶ月になろうとしています。

正直、広い空と、豊かな緑と、横浜の空気感の方が、性に合います。

なので、ようやくワタクシはワタクシとして、立ち直れた気がします。


いや、この29歳という年齢における「ゆらぎ」。

大変でした。いろいろと。

自分がいかに「バカ」で「世間知らず」で「自分の殻に勝手に閉じこもって」んでもって、様々な人に「迷惑」を掛けて生きてきたか。

だもんで、1年間悩みに悩みまくり、ひたすらいろんな人へ一人引きこもって懺悔したり、自分の心の整理も付けられず、他人とのコミュニケーションも取れなくなり、そして、いつしか自分の「文章」にまで影響を及ぼし。

ちゃんとした精神状態で何か「ものを書く」ということが出来なくなってしまいました。

まあ、職場も色々あって、2回も変わらなくちゃいけない羽目になりまして。

で、今の職場は3社目なんですが、基本「短期」の派遣契約のため、本来なら4月30日で契約が切れる「はず」だったのですが・・・・・・・。


なんと。

その4月30日の朝、突如ウチの部署の上長から「新型インフルエンザの対策のため、部署内が忙しくなるので、あと1ヶ月間、契約更新してくれませんか?」ということで、5月1日になっても、その会社で「1ヶ月間」だけ働くことになりました。

しかし、所詮は1ヶ月。就職活動もぼちぼち始めないと、というところです。


本当は、昨年秋から、San Franciscoにある州立大学に編入学しようと、いろいろと手続きをしていたのですが、自分の「能力の無さ」、「財力の無さ」を理由に、「ギブアップ」という名の「無期延期」をしました。
自分の「学びたいこと」、絶対の「強み」になるものに対し、自信が持てない以上、自分の将来資金を前借してつぎ込んだとしても、上手くいくわきゃない。「ろくでなし」でも、ない知恵絞って、友達に恥さらして、決断しました。

ただ、SFの大学編入に関しては、私自身、生半可な気持ちで決めたわけじゃないし、それはそれで真剣だったんです。だけど、手続きを進めて、またTOEFLの勉強をするとなったとき。

どーも、自分の中にしっくりいかないものが生まれてしまった。

そういう時は、「その決断は誤りだ」という可能性が高い。ならば、もう1度冷静になってよく考えてみよう。ということで、考えた結果です。

仕事の方も、プライベートな方も、まったくもって常に「綱渡り」状態で、本来ならもうちょっと「しんどい」はずの30代1年目ですが。


20代の「ツケ」を、今後の10年間をかけて返す為に、自分が出来る限りのことをすればよい。

そういう風に考えてます。


ワタクシは、放蕩娘です。まだまだ迷惑かけてます。いろんな人に。

でも、それでも何とか稼いでます。ダメなりに、頭働かしてこの先のことを考えてます。


昔ほど、ライブとか音楽とかに情熱は傾けていませんが、それでも行くときは行ってます。

これから、自分の身の回りの「ちょっとしたこと」について、改めて書き連ねることが出来ればと思います。


長文失礼しました。

2009年5月3日


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

Valentine day Kiss. [ひとりごと]

ってことで、久々に記事を書いてみたいと思います。

皆さん、まもなくやってくるValentine Dayに向けて、どのような準備をなさってますか?

私?

Valentineに送りたい人は、日本には見当たりません。

San Francisco・・・・・・???

まあ、「世話チョコ」(お世話になりました、チョコ)だったら、あげたい人は何人かいます。

けど、渡せないんですけどね

アメリカヨーロッパでは、男の人から女の人へ、バラや素敵なディナーなどで愛を贈る日。

日本などでは、女の人から男の人へ、まあチョコレートを代表的に、愛を贈る日。

 

まあ、「恋」関連の冬のイベントとしては、メインイベントであり、総仕上げの意味合いが強いかもしれません(Valentine以降に生まれた人の誕生日は除くとして)。

 

しっかし。

いろんな特集記事を日米いろいろと読んでますが、非常に面白いですね~。

甘酸っぱいのもあれば、社会人女性の9割が、「バレンタインデーなんて、なくなってしまえ」的な意見を持ってること(義理チョコを贈るのが嫌って理由でw)。

アメリカもアメリカで、「女性側の意見を考えずに贈ったプレゼントが原因で、別れるカップルが半分近くいる」とか。

んで、今現在「Single」が800万人近くいるとか(!)。

そして、「こういうプレゼントが女性に嫌われる!」ってんでのランキングってのもあって、結構笑っちゃいました。

 

留学中、私が非常に「カルチャーショック」を覚えたのが、恋愛に対する価値観のギャップ。

私としては、過去の古傷に触れられたくないし、いかんせん極度に恋愛経験も少ないので、今までの自分のダメすぎる恋愛体験を人に話すってのは、実はしたくなかったんですが、授業中のネタでどんどん取り上げられるもんで、毎回冷汗かきながらヘタクソ英語で古傷をさらすハメになりました。

いろいろと、ソレ関連の授業をして思ったのが、いかに自分が「恋」というものに対して目を背けて生きてきたか。

「恋」を招くこともしなければ、「恋」を掴むこともしなかった。

その事に気付かされた気がします。

皆恋が終わったとしても、新たな恋を常に探して、次のステージへ行ってました。

その「積極性」ってのが、私にはなかった。それって、結構人生の生活面でも何かしら影響受けている気がして。

たぶん、そういう関係性の中からも、学ぶことはいろいろと多いのだろうなあと、最近考えてます。

なので、今年のValentineは、いつも以上にナーバスになってます

今後、もうちょっと自分の中にある「魅力」ってものを、自分自身で探す努力が必要なのだと、最近の生活を通して考えさせられています。

まあ、今の生活では、正直今後すぐにパートナーが見つけられるとは思えません。

今ちょっと、自分の生活態度が悪くなっている気がするので。

そういう女は、見向きもされません。

また、次の週からいろいろと動きが出るので、徐々にギアチェンジしたいとは思ってます。

 

長年ずーっと(んで、今年のValentineも)一人者なのですが、別に「Valentine day」がなくなれ、とか、恋人がいる人たちに対して、変にやっかみを持つとか。

そういう感情はなくなってきました。

やっぱり、Valentine Dayという本来の「趣旨」を理解し、その日を楽しむという事は良いと思うし。

ただ、そこに自分が「参加」できないのは、ちょっと寂しいなと思う。ンで、来年は、ちゃんと「参加」したいなと、ようやく真剣に思った次第であります。

縁を引き付けるのも、留めるのも、自分の心がけ次第。

自分の心がけというのは、たぶん自然に外見に出てくるものだと思います。

皆、頑張ってますもんね。いろいろと。

だから、私もその頑張りに影響されてみたいと思います。

皆様のValentineが、Happyなモノになりますように。


nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

愛すべき、アニキ。 [ひとりごと]

最近、ガチャピン同様、めちゃくちゃハマってるコラムがある。

 

「寺島進のアニキに聞けよ!」

 

なんっつーか。

どのコラムも、「寺島進」さんの味のある回答に爆笑するやら、納得するやらw。

ワタクシ、今「好きな男のタイプは?」って聞かれたら、真っ先にこの方の名前を挙げると思います。

前にも書いたけどw。

凹んだ時には、アニキの喝!の効いたコメント読んで、元気出せれば良いなと思います。

マジ、大好きです。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

浅田真央効果じゃないと思う。 [ひとりごと]

リンダリンダ/僕はここに立っているよ

リンダリンダ/僕はここに立っているよ

こういうニュースを読んだ。

別に、浅田真央効果じゃないと思う。

単に、楽曲の威力が、時代を超えて、人に突き刺さるだけだと思う。

楽曲の反響が大きいのは、浅田真央の力じゃなくて、バンドの力。

現に、いろんなCMで聞こえる、「THE BLUE HEARTS」における、ヒロトの言葉は、ダイレクトに私に突き刺さる。

まあ、私にとっては、「Too Much Pain」とか、「旅人」とかが印象に残ってる。

そういや、短大時代に、自分たちの卒業ライブで私のやりたい「トライセラトップス」を、他の子達にかなり強引に「BLUE HEARTS」とセットにさせられてプレイしたことがあったけど(それでも本番はひどかった)、その時何をやったかが・・・・未だに思い出せないでいる。

まあ、「トライセラトップス」も、何をやったか、忘れたけど。

 

 


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - ひとりごと ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。