So-net無料ブログ作成
映画コラム ブログトップ
前の10件 | -

映画「NINE」 [映画コラム]


NINE

NINE

  • アーティスト: サントラ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルインターナショナル
  • 発売日: 2010/03/03
  • メディア: CD





DVDがまだまだ先だから、とりあえずサントラのリンクをいれときます。


先日、映画「NINE」を観に行きました。

豪華キャストの夢の競演、そして、あの印象的なケイト・ハドソンの歌。

予告版を見ると、気になって気になって仕方が無く、また、ラテンのノリも好きだったので、観に行きました。



で。感想。


「歌」の印象が強くて、肝心の個々の存在感が、実際のストーリー上ではイマイチだったなあ。

ニコール・キッドマンと、ケイト・ハドソンの「ブロンド組」の存在感が、歌に比べて格段に希薄で。


でも、だからといって、それぞれの女優陣が決して手を抜いているということは無く。

それぞれ、迫力あるボーカル&ダンスパフォーマンスを堪能するには、十分満足した映画でした。
※ニコール・キッドマンと、マリオン・コティヤールの歌声が素晴らしかったです。


ストーリーの中では、ベテランもベテラン、「ジュディ・デンチ」と、特に「ソフィア・ローレン」の圧倒的存在感が際立ってて。

そして、スランプに飲み込まれて、どんどん自滅と堕落の道をたどっていく「グイド」の苦悩を演じた「ダニエル=デイ・ルイス」の演技と歌も素晴らしかった。



中盤から後半にかけて、どんどん「グイド」が孤立していく様を見ていくうちに、なんか妙に他人事ではない感情が芽生えてしまった。



特に、印象深かったのは、このセリフ。

「身体は50代なのに、心はまだ10歳。身体だけが、勝手に年老いていく。中身はまだ子供。」
※実際のセリフとは違うと思いますが、こんな感じの内容だった。


まさに、現状の私とピタリと当てはまる言葉だったので、だからこそ、グイドという男に対して、感情移入できたのかもしれない。


また、ダニエル=デイ・ルイスが、本当に甘く切なく、ダメ男を演じるのだ。


あの人なら、女が「生粋のダメ男」であったとしても、惚れてしまう男を十分に演じきれるだろう。


時折、微笑む笑顔に、知人で誰か、似たような人がいたように思えて。

それが誰なのか、今は思い出せないけれど。

自分の目の前に、彼の様なタイプがいたら、やはり甘やかしてしまいそうだな。

そう思いました。



映画としては、そこそこですが十分見る価値あると思うし。何気に私は、もう1回この映画観たいと思ってます。
何でかよく分からないけれど、印象が薄い。でも、心に妙に残るから。
私は、それは監督の力というよりも、役者陣の力の方が大きいと思う。


フェデリコ・フェリーニの「8 1/2」も見て見たいです。圧倒的に、こちらの方が内容も質も良いでしょうけど。

フェデリコ・フェリーニは、フィギュアの高橋大輔選手が今期のFPで使用した「道」の縁もあるし。

いずれ、その監督作品をじっくりと鑑賞したいな。


ま、映画はともかく。


サウンドトラックは、買う価値かなりアリ。

一見刺激的だけど、中身はまとも。だけど、妙に心に残る。そして、耳に残るは、魅惑的な歌。

私も、思いっきり好きな人の名前を叫びながら、愛を求めて歌を歌ってみたいもんです(←冗談ですが)。
nice!(0)  コメント(0) 

SING FOR DARFUR 試写会 ~Touch さわってごらん~@慶應大学日吉キャンパス [映画コラム]

前の記事、「チャリティーについて」の続編です。


この間、映画「SING FOR DARFUR」の試写会イベント、「SING FOR DARFUR PROJECT 10.15"TOUCH-さわってごらん” 」に参加してきました。


慶應大学は、私の家からも割りと近いので、帰りもラクだったし。
この映画のことが何よりも気になったので、mixiで大好きな「THE GOLDEN EGGS」のメンバーの2人、「ローズ&マリー」のページから、応募しました。


SING FOR DARFUR2-1.JPG

「DARFUR」(ダルフール)というのは、アフリカ中央部に位置する大国・スーダンの西部にある、「ダルフール地方」で2009年現在も続く紛争のことで、2003年頃から2007年まで、30万人の人々が虐殺され、現在も数多くの人が犠牲になり、性別問わず多数の一般市民が紛争の被害を被っている。


アナタは、その事を知っていますか?

ってのが、このイベントの趣旨なんだと思う。

無論、私は数年前からこの問題のことは(わずかながら)知っていた。


私が、「DARFUR」について気になる理由は、いくつかある。

・中学時代、国語担当の先生が、「フォスター・ペアレント」という活動を通して、アフリカの子供を2人支援していたこと。

・前々から、「TIME」や「NEWS WEEK」の日本版等で、当時は「ルワンダ」の内戦での虐殺やソマリアの紛争等の記事を読み、アフリカの事情が気になっていたこと。

・留学時代、学校の授業の中で、「ホテル・ルワンダ」という映画を観て、衝撃を受けたこと。


ホテル・ルワンダ プレミアム・エディション [DVD]

ホテル・ルワンダ プレミアム・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: DVD





・帰国後、NHK スペシャルで、世界経済や新興国の発展の様子を見たりしている中で、アフリカ系各国の様子を伝える番組を見ていたこと。

・DARFURの状況を知る機会が、とても少なかったこと。



だから、DARFURに関して、「ローズ&マリー」が取り上げた時、どういう活動をやっているのか、興味があり。
また、DARFURの問題に関連して作られた、「SING FOR DARFUR」という映画自体にも興味が出ていて。

しかし、失業中であり、まだ失業給付を受けていなかったので、出費に気を使いながら、いかにしてみようか考えていたところ、試写会+トークイベントがあり、なおかつ監督とプロデューサーとのトークセッションもある、このイベントに参加したのです。

「SING FOR DARFUR」公式サイト
http://www.plusheads.com/singfordarfur/


続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画「スラムドッグ・ミリオネア」 [映画コラム]


スラムドッグ$ミリオネア

スラムドッグ$ミリオネア

  • アーティスト: A・R・ラフマーン
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル インターナショナル
  • 発売日: 2009/04/01
  • メディア: CD




ワタクシ、3月27日から4月7日にかけて、イギリス・ロンドンと、フランス・パリに10日間、母親とともに行ってまいりました。

現地を訪れるのは、実に13年ぶり。

自分の人生にとって、初の「海外旅行」だった、高校時代の研修旅行。

13年間の時を経て、「ロンドン」と「パリ」は、どう変わったのか。それを観に行ってきました。

留学後、初の「英語圏旅行」(昨年秋に韓国へ行きました)だったので、さんざん「サンフランシスコ恋しい病」に患わされて、以後、自分が再び英語圏の国に赴く時、どのような心境で現地を滞在するのか。
それを見極めるうえでも、この旅行から学んだことは大きいものでした。

そんな旅の最中、日本からイギリスへ向かう途中。

機内の小さいモニタースクリーンで、無論日本語字幕なしでこの映画を見ました。

※ネタバレ多々なので、伏せます。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

駆け込みで「Mr.&Mrsスミス」を観に行った。 [映画コラム]

ってなわけで、当然ながら現時点ではDVDになってないので、画像掲載は・・・・・・後日に(やるんかい)。

昨夜お台場の「メディアージュ」にて、「Mr.&Mrsスミス」を観に行った。

まもなく東京では上映終了となる映画館が多いので、まさに駆け込み。

今更、ストーリー説明や誰がどうなんて、書くまでもないと思うから、あくまでも感想オンリー(しかも、ネタバレあり)で、言いたい放題書こうと思う(楽だなー)。

※たいしたことないけど、一応ネタバレありなんで、観たくない人は読まないでくださいね。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

低血圧の人に優しい笑える映画~『リアリズムの宿』~ [映画コラム]

リアリズムの宿

リアリズムの宿

  • 出版社/メーカー: バップ
  • 発売日: 2004/12/22
  • メディア: DVD

最近、妙にこの映画をもう一度観たくなった。

この映画の音楽担当が『くるり』なので、『くるり』狂の友人(ごめんね、先輩。こういう書き方して。一応敬意込めてます)に誘われて、渋谷のディープな単館映画館で見た映画。

日本海(ロケ地は島根&鳥取地方)に面した、とある鄙びた温泉街を行き当たりばったりに放浪せざるを得なくなる若者二人(一人は監督・一人は脚本家。二人の間をつなぐ友人が遅刻をしたために、ひょんなことから二人で旅するハメに)。

顔見知り程度の間柄でしかない二人が、真冬の海岸で泳いでいた敦子という少女を拾ってしまったところから、二人の妙な珍道中が始まる・・・・・。

ってな感じ。

もともとはつげ義春の漫画をベースにしてるんだけど、その設定が妙にあり得なさそうなんだけど現実的で。

「こういう宿はねえだろ!こういう人間達はいねえだろ!・・・・・・・・でも、いそうな気がするってか、いるだろ。絶対。」ってなキャラクターに出くわした2人の、冷めた中にも妙なビビり具合が笑いを誘って面白い。

んでもって、二人して口調は冷めてるんだけど、妙に張り合ってて、どことなくズレてて、でも訳の分からないキャラに出くわした時の妙な「普通」具合とか。

妙に人間の「業」みたいなものを感じてしまいました。

あ、ちなみに主演は山本浩司と、『時の人』長塚圭史(本音言うと、この人嫌い)。

メジャーな俳優さんはほっとんど出てないですが、そこがかえって妙なリアリズムを生み出していて良い。

はっきり言って、今の日本映画を見る気は全然しないんだけど(だからこの映画もあまり期待しないで観に行った)、この映画はDVDで欲しいと思うくらい、徐々にハマっていって、見終った後、相当満足して帰路についた気がする。

んでもって、くるりの『家出娘』という主題歌がとても良かった。

正直、POPかつ『毒』のある楽曲が好きなので、『家出娘』はそのケがする音楽がしてかなりハマりそうになった。

・・・・・・ま、こういう道を突き進むとすぐに行き詰まるから、わざとその道を避けてる気がする、最近の『くるり』って見方は・・・・・・ロクに聞いたことがない人間が書く『たわ言』なんだろうな。

ウチの街で唯一気に入らないのは、まともなレンタルビデオ屋がないこと。

もう一回見たいなあ・・・・・・・・。こういう映画。

関係ないけど、この映画を見たとき、私達の丁度真後ろに、俳優・津川雅彦さんがいたそうです。


nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:映画

過去映画レビュー⑧ 「carmen.」 [映画コラム]

決してアブノーマルではないが、いだえりの「好きな女」(理想的な女)は、こういう女です。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

過去映画レビュー⑦「ことの終わり」 [映画コラム]

こういう恋愛映画も観たりしてます。


続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

過去映画レビュー⑥「アモーレス・ペロス」 [映画コラム]

アモーレス・ペロス ― スペシャル・コレクターズ・エディション

アモーレス・ペロス ― スペシャル・コレクターズ・エディション

  • 出版社/メーカー: パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
  • 発売日: 2002/09/27
  • メディア: DVD

 おそらく、現在「ガエル・ガルシア・ベルナル」のファンは、これを見て、「ガエル信者」になり、その後も追っかけ続けている人が大半なんじゃないだろうか?

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

過去映画レビュー⑤「キャッチミー・イフ・ユー・キャン」 [映画コラム]

※言い忘れてましたが、基本「過去映画」は全てネタバレなんで、気をつけてみてください。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

過去映画レビュー ④ 「アメリ」 [映画コラム]

アメリ【期間限定スペシャル版】

アメリ【期間限定スペシャル版】

  • 出版社/メーカー: ビデオメーカー
  • 発売日: 2004/12/03
  • メディア: DVD

アメリのDVD(缶使用の限定版)買ってから、暇さえあればこの映画を見ていた。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - 映画コラム ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。