So-net無料ブログ作成
検索選択

BOOM BOOM SATELLITES 「TO THE LOVELESS」 [CD]







本当に久々に、CDを買った。

最近、めっきり「CD」離れしている私が、CDを買ったのだ。


まあ、「iTunes」が使えない。という意味合いもあるけど、それ以上に、このアルバムに「買う価値がある」と思ったからだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

WINO 「TOMORROW」。 [CD]

Tomorrow

Tomorrow

働き始めて、最初の年の冬。
原宿のHMVで偶然流れてきたこの曲を耳にした時。
そのメロディーラインに電撃が走るような衝撃を覚え、速攻購入したのが、このシングル
WINOというバンドを初めて認識し、彼らのCDは、これしかもっていない。
 
だけど。
『冬』という季節の中で、この曲ほど明日を生きることを後押しさせてくれる曲はない。
『冬』という季節の中で、個人的に好きなROCKバラードは、それなりにあるけれど、年を経るごとに好きになる曲は、この曲と、「GRAPEVINE」の「スロウ」しかない。
 
スロウ

スロウ

  • アーティスト: 田中和将, GRAPEVINE, 根岸孝旨
  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 1999/01/20
  • メディア: CD
 
WINOは、2002年に既に解散しており、今の時点で、「TOMORROW」という曲を『生』で聞くことは不可能だ。
久しぶりに、『TOMORROW』を耳にした時、まだちょっと荒っぽさが残るものの、ライブ経験を経て、熟成されたこのメロディーを耳にした時。
自分はどれほど感動するだろうか?と、考えたら、無性にやるせなくなってしまった。
カラオケで、たまにこの曲を歌っても、一緒にいる人は、誰もこの曲を知らない。
「スロウ」は、ごくたまに、知っている人がいるくらいだ。
だけど、ほぼ100%、この曲を知らない。
そんな、現実。
 
この曲に巡り合えたのは、ある種『運命』だったのかもしれない。
当時の私に、『必要』だった音楽だったのかもしれない。
 
若い故の希望・挫折・焦燥・それでも、前に進まなくてはいけない『試練』。
8年前の自分と、今の自分を照らし合わせてみる。
 
『あの頃』と比べて、落ち着いた部分もある。
けど、この曲たちを聴いて心動かされる度合いは、購入当初よりも今の方が強いのかもしれない。
 
ということは、私は、取り戻したいのかも知れない。
まだまだ甘っちょろい『青い』人間なのに、何を取り戻したいのかは分からないけど。
あと、3ヶ月とちょっとで、私は、国境を越える。
私の周りに、誰もいなくなる。言語も違う。
ソレを選択したのは、紛れもない、私自身。
 
30代に突入する前に掴んだ、最後のチャンスを前に、「社会人」という未知の世界に飛び込んで、手痛い洗礼を受けていても、なんとか泣きながらも頑張っていた『あの頃』の気力を、再び蘇らせる為に、聴いているのかもしれない。
 
どんよりとした曇り空の下、冷たい風に身を打たれながら、このメロディーを聴く。
中盤、曲間のメロディーラインに鳥肌が立ちそうになり、その後の展開に胸躍らされる。
まじりっけなしの、熱い思いが、伝わってくる。
本当に、この曲は『名曲』だと思う。
何年経っても、この曲は、私の中で、『名曲』として、常に感動を与える音楽であり続ける。
 
この曲に順番が回ってくる度、私はその事を確信しながら、曲の中の情景を、常に思い描いている。

nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

NDIMAKUKHONDA~ディマクコンダ~ Part 2 [CD]

ディマクコンダ(DVD付)

ディマクコンダ(DVD付)

↑やはり、この方はこの姿が一番似合う気がします。
 
ついに、山田耕平さんの「NDIMAKUKHONDA(ディマクコンダ)」が、8月30日にEpic Recordsから発売されるとのことです。
 
先週の土曜日、何気なくテレビを観たら、山田さんが再びマラウィに戻り、現地でのVCT(エイズの検査施設)設立の為に活動を再開したとの報道でした。
 
このNewsに出会えたのは、何たる偶然。いや、必然だったのかな?
 
 
そして、このCDが発売されるということを同時に聞き、少しでもお役に立てればと思い、ワタクシ、このCD購入予定です。
 
音楽としても、とても明るくて、暖かくて、ちょっぴり切なくて。
でも、思わずサビの部分を皆で歌いたくなるような。
そんな楽曲です。
※とにかく、歌詞と曲の相性がいい。
 
興味を覚えた方がいらっしゃったら、まずは試聴機とかで聴けるのであれば、聴いてみてください。気に入ったら、購入してください。
 
この1枚は、確実に、遠い異国の地で誰かを救う足がかりになります。
 
同年代のこの様な活躍は、私にとって刺激を受けますし、山田さんの活動に心から敬意を表し、微力ながら、山田耕平さんの活動のサポートをさせていただきます。
そして、山田さんが無事に活動を行うことができ、マラウィの地に、VCTが一つでも多く建設されますように。
ここ、東京からお祈りしています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

MUSE 「Black Holes And Revelations」 [CD]

 
本当に待ち望んでいた、MUSEの新作、「Black Holes And Revelations」。
 
 
Supermassive Black Hole」を試聴機で初めて聴いた時、思わず笑ってしまった。
 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ぼくはシュナッピー。 [CD]

ぼくはシュナッピー

ぼくはシュナッピー

またしても、「sakusaku」を通じてハマったものが。

それが、「ぼくはシュナッピー」。

もともとヨーロッパで、大ブレイクをしていて、当時4歳の女の子がドイツ語で歌っててってのは知ってたけど、実際のアニメを見たら、もう「みんなのうた」(byNHK)が好きな世代には、たまらない作品であることに気がついた。

むちゃくちゃアニメも、歌ってる女の子(ジョイちゃん)の声もかわいい。

特に、サビの部分の女の子の声に合わせてのシュナッピーのアップが、大好き。

「かわいいキャラ」好きの貴女に、オススメします。ってか、買う。これは。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

週末買った、CDの寸評。 [CD]

この週末に買った、3枚のCDについての感想です。

続きを読む


nice!(0)  コメント(12) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。