So-net無料ブログ作成

BOOM BOOM SATELLITES 「TO THE LOVELESS」 [CD]


TO THE LOVELESS(初回生産限定盤)(DVD付)

TO THE LOVELESS(初回生産限定盤)(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMR
  • 発売日: 2010/05/26
  • メディア: CD





本当に久々に、CDを買った。

最近、めっきり「CD」離れしている私が、CDを買ったのだ。


まあ、「iTunes」が使えない。という意味合いもあるけど、それ以上に、このアルバムに「買う価値がある」と思ったからだ。

BOOM BOOM SATELLITES。

いわずと知れた、日本が世界に誇る、エレクトロリック・ロックユニット。

無論、早くから彼らの事は知っていたし、正直CDを買うまでにはいたらなくても、彼らのライブが最高であることは熟知していたので、むしろこのCDを買うことが、私にとって「初」だったってことが、我ながら、そして今更ながら驚きだった。


だけど、渋谷のTSUTAYAの視聴機で、期待をこめてヘッドホンに耳を当てたそのとき。

1曲目の「BACK ON MY FEET」を聴いたとき。


立ち尽くした。


今までにない、雑踏の音のなかから始まる、緊迫感と爆音のすさまじさと、そしてストリングスが曲の世界を広げ、今までにない「快感」を私に届けてくれる。


以降、AmazonのPV視聴を毎晩のように見る私。

当然、CDもすぐに購入したが、手元に届くまでの数日間。届いた後、故障寸前で起動にものすごく時間がかかる、ヘッポコPCに付き合える時間がさほどなく。

昨日、ようやっと一晩かけて(というか、私が単に疲れに負けて寝てしまっただけだが)ようやくiPodに取り込みが成功し、私はようやっと、今、爆音で彼らの音楽を楽しみながら、こうして興奮に身を任せてキーボードを叩くのである。


分かっていたことなのに、何で今まで手を出せなかったのか。


たぶん、そこには、まだ私の彼らに対しての音の「欲求」に対して、彼らの音楽にまだ「足りないものがある」と思ったのかもしれない(←ナニサマだよ)。


だけど、今回のこのアルバムは、本当に期待以上のデキで、聴いていて本当に楽しい。


あとは、自分の耳が「エレクトロリック仕様」になっているのかもしれない。

たぶん、2008年の後半頃から、私の身体は、妙に「エレクトロリック」を欲している。

「エレクトロリック」を聴いて、心の底から満足している。そんな感じがする。


時代が時代、ということもあるかもしれない。


だけど、ROCKと電子音楽が融合し、爆音で鼓膜を通して脳に流れてきたとき。

脳内麻薬(エンドルフィン)が活発に放出されるのを感じる。


今年、序盤に「BASEMENT JAXX」のライブに行ったが、そのときの私の暴れ具合もハンパなかった。
今は、エレクトロの世界の方が、自分をより解放できると感じているのかもしれない。


無論、ROCKに対する愛情も消えていない。

だが、どちらに対して、より「興奮」するかといえば、やはり今は「エレクトロニック」の世界なのだと思う。



話がそれたので、BOOM BOOM SATELLITESに戻す。


このアルバムのタイトル「TO THE LOVELESS」。

愛なき者へ。



そういうタイトルも、私を惹き付けた。



まあ、違う意味で私はこの日本で「愛」を感じたことは一度もない。

昔は、「それでも音楽さえあれば、それでいい。」と思ってきたけれど。


30代にさしかかる際、自分の身の回りでいろんなことがあって、付き合う人も劇的に変わってきて、その中で自分が翻弄される中で、少しずつ、自分の「これからを生き抜くために」という視点で、いろんなことと向き合ってきて。

「音楽があれば、それでいい。」という状況ではなくなってきたのだ。


昔は、それでも無理をして、「音楽の為に」何でもできた自分がそこにいた。

それが、今までの「Eriko's Home」を作り上げてきた自分の「原動力」ともなってきたし、こういう人生を生きていく、という、確信があったからだ。


だけど、「そういう自分では、この先生きていけない」と思わせられる出来事が多々あり、意識的に、その逆に不可抗力で、今まで「音楽」から離れつつあった。

だけど、このアルバムを聴いたとき。

本当に、良い意味で。昔の、純粋な「音楽好き」の自分と現在の自分を繋げてくれ。

あの頃の、音楽に全てをかけてた自分に、ほんの一瞬でも戻させてくれる、そういう意識を目覚めさせてくれたし、そうすることを「是」とする「許容」にも似た感情が、自分の中で生まれ始めたのを感じた。


ようやく、また音楽を愛することを、許せる自分が生まれてきたって感じかな。


このアルバムには、サウンドに愛があり、確固たる哲学があり、主張する熱いハートがある。

そういうアーティストが、私はこのうえもなく好きだ。

ようやく、日本人アーティストを、まともに好きになれる自分になってきた。

ようやく「BOOM BOOM SATELLITES」をまともに愛せる自分になれた。それが、すごく嬉しかった。



「BACK ON MY FEET」、「LOCK ME OUT」、「UNDERTAKER」。

この3曲は、特にオススメです。



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。