So-net無料ブログ作成

映画「NINE」 [映画コラム]


NINE

NINE

  • アーティスト: サントラ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルインターナショナル
  • 発売日: 2010/03/03
  • メディア: CD





DVDがまだまだ先だから、とりあえずサントラのリンクをいれときます。


先日、映画「NINE」を観に行きました。

豪華キャストの夢の競演、そして、あの印象的なケイト・ハドソンの歌。

予告版を見ると、気になって気になって仕方が無く、また、ラテンのノリも好きだったので、観に行きました。



で。感想。


「歌」の印象が強くて、肝心の個々の存在感が、実際のストーリー上ではイマイチだったなあ。

ニコール・キッドマンと、ケイト・ハドソンの「ブロンド組」の存在感が、歌に比べて格段に希薄で。


でも、だからといって、それぞれの女優陣が決して手を抜いているということは無く。

それぞれ、迫力あるボーカル&ダンスパフォーマンスを堪能するには、十分満足した映画でした。
※ニコール・キッドマンと、マリオン・コティヤールの歌声が素晴らしかったです。


ストーリーの中では、ベテランもベテラン、「ジュディ・デンチ」と、特に「ソフィア・ローレン」の圧倒的存在感が際立ってて。

そして、スランプに飲み込まれて、どんどん自滅と堕落の道をたどっていく「グイド」の苦悩を演じた「ダニエル=デイ・ルイス」の演技と歌も素晴らしかった。



中盤から後半にかけて、どんどん「グイド」が孤立していく様を見ていくうちに、なんか妙に他人事ではない感情が芽生えてしまった。



特に、印象深かったのは、このセリフ。

「身体は50代なのに、心はまだ10歳。身体だけが、勝手に年老いていく。中身はまだ子供。」
※実際のセリフとは違うと思いますが、こんな感じの内容だった。


まさに、現状の私とピタリと当てはまる言葉だったので、だからこそ、グイドという男に対して、感情移入できたのかもしれない。


また、ダニエル=デイ・ルイスが、本当に甘く切なく、ダメ男を演じるのだ。


あの人なら、女が「生粋のダメ男」であったとしても、惚れてしまう男を十分に演じきれるだろう。


時折、微笑む笑顔に、知人で誰か、似たような人がいたように思えて。

それが誰なのか、今は思い出せないけれど。

自分の目の前に、彼の様なタイプがいたら、やはり甘やかしてしまいそうだな。

そう思いました。



映画としては、そこそこですが十分見る価値あると思うし。何気に私は、もう1回この映画観たいと思ってます。
何でかよく分からないけれど、印象が薄い。でも、心に妙に残るから。
私は、それは監督の力というよりも、役者陣の力の方が大きいと思う。


フェデリコ・フェリーニの「8 1/2」も見て見たいです。圧倒的に、こちらの方が内容も質も良いでしょうけど。

フェデリコ・フェリーニは、フィギュアの高橋大輔選手が今期のFPで使用した「道」の縁もあるし。

いずれ、その監督作品をじっくりと鑑賞したいな。


ま、映画はともかく。


サウンドトラックは、買う価値かなりアリ。

一見刺激的だけど、中身はまとも。だけど、妙に心に残る。そして、耳に残るは、魅惑的な歌。

私も、思いっきり好きな人の名前を叫びながら、愛を求めて歌を歌ってみたいもんです(←冗談ですが)。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。