So-net無料ブログ作成
検索選択

バンクーバー・オリンピック 女子「モーグル」。 [スポーツ]




バンクーバー・オリンピックが開幕し、早速「女子モーグル」、「スピードスケート」のショートトラックなど、各種競技が始まりました。

女子モーグルといえば、「上村愛子」選手ですね。

長野オリンピックから、ソルトレーク、トリノを経て、4回目の出場。

そのルックスから、毎回注目度が高く、プレッシャーもあったことと思います。

ただ、今回のオリンピックは、そのプレッシャーも自分のものにし、恐らくさほど臆することなく、競技に向かったのではないかなと思います。


結果は、4位でした。

長野→7位、ソルトレーク→6位、トリノ→5位。そして今回のバンクーバー、「4位」。

涙を流しながらのインタビューで、それでも苦笑しながら「ほんと、何で(結果が)一段一段なのかな~。」というようなことを仰ってましたが。

レースを大体観た上では、今回は、ある種の「幸運」にも助けられ、「4位」という結果になり。

メダルと入賞の「本来の『実力』の差」というのが、くっきり明確になった試合だったな、と思いました。

無論、上村選手はベストを尽くしました。とても良い滑りでした。

しかし、メダル圏内の選手達は、良い滑り+タイムで、「差」を見せつけ、それが結果に繋がった。

観るほうからすれば、「ま、順当な結果かな」と思わせる内容でした。


何が悪いというわけではない。と、思います。

それぞれ必死で努力をし、その素質をそれぞれが十分にパフォーマンスで発揮し、よりモノにした人が、勝つ。



だから、私は、当然メダル圏の選手にも、日本人選手たちにも、誤って転倒してしまった選手たちにも、全ての選手達に、心からの拍手を、テレビを前にして送っていました。

だって、それに向けて、日々厳しい練習を課している選手達ですから。
敬意を表さずにはいられない。


選手の皆様、お疲れ様でした。
素晴らしい戦いを、ありがとうございます。

まだ2日目ですが、ひとつひとつの競技を戦う選手の皆さん達に、それぞれの競技が終了したら、この言葉を送っていきたいと思います。


ただね。

個人的に気になったのは。その「報道ぶり」です。

「上村のターンは世界一!皆、上村のターンを研究し、目標として、練習してきました!」

という実況が、個人的には大いに「ひっかかりました」。


申し訳ないけど、「世界」は、そこまで上村選手のことを気にかけていないと思う。
いや、「一ライバル選手」として、チェックすることはあるだろうけど。

レースを良く観ない、そして、モーグルのレースの世界選手の状況をロクに解説しないで、「上村、金メダルへ!」というテロップも、いささか「どうか」と思いました。

なんだろうな。「扇動的」というか。そこが、気に入りませんでした。

なんか、そういったことが、日本人選手の「素質」をダメにしていってるような気がしてならないのは、気のせいかな?



全ては実力の元で、この結果が出た。それが、全てだと思う。

それを受け入れて、個人を称え、日本に迎え入れるのが、今私たちスポーツファンのやるべき事なんだろうなと思います。

私は、とりあえず目の前の選手の戦いぶりから、いろんなことを学ばせてもらおうかなと思いながら、いろんなレースを観ていこうと思います。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。