So-net無料ブログ作成
検索選択

Ndimakukonda(ディマクコンダ) [時事ネタ]

昨日の話になっちゃうけど、Yahoo!のニューストピで、この記事を見つけた。

 「アフリカで歌う日本人のラブソングが大ヒット」。

以前、TBSの「ブロードキャスター」で、この方の特集をされていたのを、興味深く見た記憶がある。

 

「ディマクコンダ」(=現地語で、愛してるの意)と題された、この曲。

HIVに対する意識が低いアフリカの地で、自発的にHIV検査とカウンセリングに行こうと呼びかけ、たとえ恋人がHIVに感染して、別離を余儀なくされても、貴方を思う気持ちは、決して変わらない。

※(追記)うろ覚えなので、多少間違ってるかもしれませんが、この後、2人は一旦別れたものの、彼女は再び彼の前に現れ、「貴方を愛しているから」と、2人でこの試練を乗り切っていく覚悟を固めた・・・・・というストーリー展開になっていったような気がします。PVの2人のカップルの演技も、良かったです。

現地語で語られ、現地特有の民族音楽とポップスをバランス良く融合されたこの楽曲。

厳しい現実に立たされても、それでも『愛』を通じて前向きに生きていこうよ(と、私には聞こえた)というこの楽曲に、素直に感動した。

地元密着型でのこの「チャリティー・ソング」。

それは、いくら世界で何百万枚というCDを売りさばき、巨万の富を得た「セレブ」達の寄せ集めで歌われた「チャリティー・ソング」よりも、情報が少ない「アフリカ」という地域においては、この「チャリティー・ソング」の方がはるかに効力がありそうな気がした。

What's Going On: All-Star Tribute

What's Going On: All-Star Tribute

※だからといって、このチャリティーが無益だとは、思っていない。このCD(私も買ったけど)の収益によって、AIDS治療薬の開発やAIDS感染者の治療費に役立てられるなら、それはそれで良いと思う。

 

もはや、HIVは、世界規模の病気。

先進国だろうが、発展途上国だろうが、関係なく蔓延してきている。

その感染理由は、性交渉、薬害、不浄医療用具による売血など、様々だ。

そして、先進国でも発展途上国でも、治療に関してはきちんと確立されていない。(最近では、治療薬の開発がだいぶ進んでるみたいだけど)

病気に対する、人々の『意識』も、不完全だ。

だから、偏見が生まれるし、一部の国の政府は、隔離政策を施してしまったりする。(といっても、これもずいぶん前にTVで見ただけなので、いささか不完全な知識だが)

AIDS治療がどこまで進んでいるかは、調べていないので分からないけれど、現在アフリカでは、平均寿命が35歳くらいだと聞いている。

はっきり言って、この平均寿命は異常だ。

病気に対しての知識を得るための情報を手に入れることが難しく、それゆえに病気に対する意識も低い中で、音楽を通じての啓発活動を、「日本人」(山田耕平さん)が現地語での作詞・歌に携わるというのは、素晴らしく、誇らしいことではないかと思う。

※別に、日本という国の優位性を言ってるわけではなく、慈善活動の中で共にHIVについて学び、ともに助け合おうというその精神と活動に対して、素晴らしいし、誇らしく思うって意味ね。

この楽曲、歌詞も楽曲も、とっても愛情に満ち溢れていて、聴いてて気持ちが暖かくなれる。

それも、現地の人達が熱狂する理由だと思う。

日本の公共広告機構(ACだっけ?)の「彼氏の元カノの元カレのどーのこーの」とかいう、独特の『脅迫』っぽい、ダークなCMと違って(その広告は大事だと思うけど)、この曲のほうが、人間性にあふれてて、なによりも一人の『人間』としてちゃんと認められてて良いと思う。

HIVに対する意識を、私たちも、もっと理解すべきだと思った。

「自覚」は大事だ。

けど、その後の「人として生きる」ことの「意識」を育てることは、もっと大事だと思った。

文章力がないので、上手く書くことが出来ないのだが(もし不快な思いをしてしまったら、申し訳ありません)、この楽曲は「人として生きること」ということも、大切に歌ってくれていると思う。山田さんのお人柄が出てるし、立派な方だなあと、尊敬しました。

できれば、手元に置いて、常時聴いていたいなあ。

日本でCD化とかしてもらえないものだろうか??(すいません、MP3とかの知識0なんで)

人の「心」が、時に大きな力となって、人々の心に残る。

音楽と言葉に対して、新しい「可能性」を見出した気がした。

日本にも、こういう楽曲が生まれてくればいいのになあ。


nice!(0)  コメント(9) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 9

考えよう

いだえりさんへ
「現在アフリカでは、平均寿命が35歳くらい」
これを見てぞくっとしてしまった。
嫌な予感。
最近ホワイトバンドなどでアフリカの現状を先進国の人(特に若い人)に知識がつき、貿易のシステムがかわるかもしれない、本当の意味でのアフリカ人が奴隷でなくなるかもしれない。
それが困るのは誰だろう?
このままではアフリカの人たちは絶滅してしまうのか。
それを喜ぶ人がいるのだろうか?
いるのかもしれないな。

これらが自分の深読みし過ぎであってほしい。
そしてみなさん、これからも意識を持ち続けてね。
by 考えよう (2006-03-29 12:27) 

ブログランキングBootan

突然のコメント申し訳ありません。
私はブログランキング<Bootan>管理人の佐々木と申します。
この度、総合ブログランキングを開設致しましたので、
ご連絡させて頂きました。
今なら貴ブログに多きなアクセスを差し上げられると思いますので、
この機会に是非ご登録下さい。よろしくお願いいたします。
http://koya.gaii.net/bootan/
by ブログランキングBootan (2006-03-29 15:48) 

まるこ

>考えようさん
コメント、ありがとうございました。
アフリカの国の一部では、コンドームの普及などが必須条件となっている国もあるようで、AIDSが深刻な社会問題となっているようです。
日本でも、感染者は増加の一途を辿っているという話も聞きますし、中国では、200近い農村部で、貧困ゆえの「売血」行為でAIDS感染してしまったという哀しい事例があります。
AIDSに関しては、ホントもっともっと本気で啓発活動をしていかないと、日本や中国でもアフリカ諸国と同じような事態になりかねないんじゃないかという危機感を持っています。

>このままではアフリカの人たちは絶滅してしまうのか。
それを喜ぶ人がいるのだろうか?
いるのかもしれないな。

アフリカの一部の国は、国力では既に日本を上回っている国もいくつかあります。絶滅はないと思っています。
しかし、他民族の中の一部では、このような考えをもった人々・その首長がいるかもしれません。が、同時に厳しい国内事情の人々を守ろうという動きがある人達もいるという事実もあります。
私たちが、いろんな国の人たちと共同で声をあげ、アフリカ大陸の人たちに支援を送り、様々な国で起こっている『現実』(貧困・民族紛争による内戦など)に、目を向け、そうした考えを徐々に淘汰していくことも大事だと思います。

昨日から、いろいろと考えてレスしようと思ったのですが、上手く回答できていなかったらすみません。

>ブログランキング様
とりあえず、コメントは残しておきます。
基本的に、このようなコメントは削除対象なので、よろしくお願いいたします。
by まるこ (2006-03-30 10:24) 

考えよう

>いだえりさん
お返事ありがとうございます。
勉強不足の状態でコメントしてしまってすみません。
でも、よくよく考えたら日本でもコンドームしない人は結構いて、
AIDSに感染している人が結構いるって言いますよね。
アフリカももちろんだけど映画「KIDS」でも問題になってたし、やっぱり世界的にAIDSについてはきちんと考えた方がいいのかもしれないですね。
もちろん、貧困に対してもだけど。
いだえりさん、とってもいいお話ありがとうございました!
by 考えよう (2006-03-30 11:23) 

まるこ

>考えようさん
ワタクシも、まだまだ不勉強なので(それなのに、エラそうな事書いてすみませんでした)、もっともっとこれからいろいろと勉強させていただきます。
ただ、日本の場合、一部の人間のモラルの低下が懸念されますねえ。
「潜在感染者」のこととかを考えると、ゾっとします。
日本にも、上記の曲の様に、「とりあえず、検診してみよっか~?」的な関係を築ける啓発ソングがあるといいんですけどねえ。
by まるこ (2006-03-30 12:29) 

辻

山田さんのブログYahooにありますね!
http://blogs.yahoo.co.jp/kohei_ndimakukonda/MYBLOG/yblog.html
4月23日には地元の名古屋で体験談があるようです。
http://www.jica.go.jp/activities/jocv/topics/setsumei_aids.html
by 辻 (2006-04-16 01:55) 

まるこ

>辻さん
レスが遅くなって申し訳ありませんでした。
リンクしてくださって、ありがとうございました!
私は名古屋には行けませんが、山田さんのブログは、これからも拝見させていただきたいと思います。
貴重な情報、ありがとうございました!
by まるこ (2006-04-17 14:49) 

辻

山田耕平の新着情報入手しました

4月28日(金)  PM11:15~11:45(30分間)
NHK BS1「BS今日の世界」  特集「マラウイで大ヒット・日本人が歌う“エイズの唄”」
http://www.nhk.or.jp/kyounosekai/

NHKってCM無いですよね? 
前回のワイドショーより長いのかな~?
by 辻 (2006-04-27 20:14) 

まるこ

>辻さん
山田さんの情報、ありがとうございます!
ウチ、BS契約してないんで(でも、CATVで入力すると見られるんですけど、料金が怖くてBSにチャンネル合わせられません)、総合テレビで特集されるまで待とうかなと思ってます。
いや、やはりチャンネル合わせてみるか(どっちだよ)。
でも、30分ノーカットというのは、ブロードキャスターの時よりも長いように思えます。
忘れないようにしないと・・・・・。それが一番心配です。

観られる方は、ぜひ観て欲しいです!
by まるこ (2006-04-28 15:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。